悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 トップへ戻る

北海道 札幌市 青森 岩手 宮城 秋田 山形 設置済み 福島県 茨城 水戸市 栃木 群馬 納品済 埼玉 埼玉県 さいたま市 千葉 千葉市 東京 東京都 神奈川 神奈川県 新潟 富山 石川県 山梨 長野 岐阜 静岡 嫌がらせ
愛知 返品 三重県 滋賀県 京都 大阪 大阪市 兵庫 神戸 奈良県 和歌山 鳥取 島根 岡山 返金 広島 山口県 徳島 香川 頭金 支払い済 愛媛 高知県 福岡 佐賀県 長崎 開封済 使用済み 熊本 大分 宮崎県 鹿児 沖縄

Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】


マンションの訪問販売 その1 マンションの訪問販売 その2 投資マンションの電話セールス

マンション 不動産の訪問販売 押し売り 押売 悪徳 悪質 マンション購入 家 住宅 契約解除 キャンセル クーリングオフ手続・手附 放棄 解除 解約

悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 トップへ戻る
クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
クーリングオフ・手付解除の手続代行
自己居住用の新築マンションについて、一部の業者ではありますが、
上記のような訪問販売、悪質な勧誘を受けるケースがあります。

◆居住用(新築・中古)マンションの押し売り ◆悪質なマンションの訪問販売

居住用マンションの訪問販売の特徴は、押し売りまがいの強引な勧誘、
説教めいた威迫的な勧誘です。

勧誘が強引だった業者は、勧誘の際と同様に、
契約解除を申し出ても、不誠実な対応となりがちです。

自宅を再度訪問して説得を行ったり、不当な違約金を要求して威迫するなど、
誠実に対応してもらえずに、トラブルとなるケースがあります。

また、モデルルームや、営業所等で申込みをした場合では、
クーリングオフ制度の対象とならないケースもあり、注意を要します。

自己居住用の新築分譲マンションは、3000万円を超える物件も多く、
契約解除の手続には確実さが必要となります。

特に、居住用マンションの訪問販売では、
説得をしようと再度自宅に訪問してくることも予想されますので、
確実な契約解除には事前の備えが必要となります。

数千万円もの不動産の売買契約です。
契約解除の意思表示は、内容証明郵便による明確化、
書面による立証が強く求められます。

不動産のクーリングオフ・手付解除は、
確実な契約解除手続、妨害への対処、契約解除後の手続など、
専門性を要します。

どの事務所でも専門性を以って対応できる訳ではありません。

自分で対処するよりも、多数のマンション・不動産の契約解除実績のある
当事務所にご依頼下さい。
通知を書くだけ、通知を送りっ放しではなく、その後の実務上の解約処理、
及び再勧誘・解約妨害など迷惑行為に対するアフターフォローも万全です。

■ 居住用(新築分譲・中古リノベーション)マンション/自宅への訪問販売/押し売り


←【居住用マンション不動産の訪問販売 その1に戻る】



【よくある勧誘 続き】   ← 【よくある勧誘 その1に戻る】

*居住用マンションの押し売り・訪問販売は、新築分譲マンションのほか、
 中古マンションマンションのリノベーション物件の場合もあります。


2日後、約束の時間になり、担当者が改めて自宅にやって来た。


「先日の条件で探しましたら、いい物件が見つかりました」

「他からも購入の申込があったのですが、
 ○○様のために、特別に物件を押さえておきました」

「これからその物件を見に行きましょう」

と言われ、物件を見に行くことになった。

途中、ATMに立ち寄り、手付金を下ろすように指図され、

目的のマンションに到着し、マンションの一室に案内され、説明を受けた。

先日、自分が示した条件とはいくつか異なっていたが、
担当者は気にする風でもなく、

「駅から少し離れている?」
「なあに、かえって運動になります。自転車で通えば健康にもいい」

「車の音が気になる?」
「問題ありません。たまたまこの時間だけです。この程度はすぐ慣れますよ」

などと、強引に「条件にぴったりですよね」を繰り返した。

内見が終わると、「詳しい説明をします」と言われ、
そのまま営業所に移動することとなった。



営業所に案内されると、再び契約の話しが始まった。

「条件にピッタリの物件が見つかって、本当によかったですね」

「○○さんの条件どおりの物件ですから、大丈夫ですね?」

「既に他からも購入の申し込みが来ていたのですが、
 ○○様が購入されるということで、○○様を優先して断っておきました」

「それでは早速契約の手続きに入りましょう」

などと、まだ買うとも言っていないのに、マンションの購入手続が始まってしまった。

慌てて、

「いや、マンション購入はやはり辞退したい」「まだ買えるほどの収入は無い」

と告げて契約を断ろうとしたところ、担当者の態度が硬化し、

「先日の話と違うじゃないですか」

「あなたが 「条件を充たすマンションなら購入してもいい」 と言ったからこそ、
 我々はこうやって、経費と人件費をかけて動いているんです」

「あなたが、真剣に購入を考えている、条件を充たす物件なら欲しい、というから、
 他からの申し込みを断って、物件を押さえておいたんですよ」

「この件は既に動き始めているんです」
「あなたのために、もう色々な人が動き始めているんです」

「各関係先にも、当社の信頼に基づいて動いてもらっているんです」
「ローンについても、当社の信頼に基づいて、内々に銀行に打診してあるんです」

「どうやってこの責任を取るつもりなんですか?」

「他からの申し込みを断ったことで、数千万円の損害が発生しているんです」
「そちらがそのつもりであれば、損害賠償を請求してもいいんですよ?」

「今日は最初から断るつもりで、断る口実探しに、我々に案内をさせたんですか?」

などと強い口調で非難されてしまった。


強い口調で言われ、萎縮してしまったものの、

「今の収入ではマンションは買えない」「住宅ローンを払っていく自信がない」
「両親にも相談したい」「将来、転勤するかもしれない(実家に帰る予定)」などと

と弁解して、必死に契約を断ろうとした。


しかし、担当者からは、

「わかりました。それではこうしましょう」

「まずはローンの仮審査にかけますので、この書類に記入して下さい」

「もし住宅ローンの審査に通らなかったら、この話しは無かったことにしましょう」

「月々のローンといっても、今の家賃と大して変わらない金額ですから、
 今現在、毎月払い続けている金額を、払えない訳はないですよね?」

「それに、無駄な飲み代や、趣味のお金を節約すれば、貯金も出来る筈です」

「それでも不安なら、残業を増やしたり、アルバイトをすればいい」

「そして、まとまった貯金ができたら、ローンの繰上げ返済をすればいい」

「繰り上げ返済の楽しみがあれば、仕事にも張り合いが出来る筈です」

「要は、貯金だと考えればいいんです」


「それに、もし住宅ローンの支払いが苦しくなっても、賃貸に出せば大丈夫です」

「その時は、当社が責任を持って入居者を募集しましょう」

「この物件であれば、賃貸に出せば月15万円程度の家賃が見込めます」

「月々のローン代金を払っても、むしろお釣りが来ます」

「もし、どうしても支払いがきついときは、15万円で賃貸に出して、
 ローン代金との差額を利用して、自分は安い部屋に住めばいい。
 そうすれば、僅かな負担でこのマンションを自分の物にできます」

「それに、このマンションは駅近の優良物件ですから、
 例えば、20年後に中古マンションとして売りに出したとしても、
 少なくとも2000万円ほどで売れる筈です」

「立地の悪いマンションですと、20年後の資産価値は激減しますが、
 この物件は駅近の好立地、優良物件ですから、大丈夫です」

「この物件だからできる計算です。他の物件ではこうはいきません」

「人気物件ですから、1週間後には、もうこの物件は売れてしまっているかもしれません」

「人生に対する先行投資、要するに、貯金をすると思えばいいんです」

「今までどぶに捨ててしまっていた家賃を、資産として残すことが出来るんです」

「今すぐ住むつもりがなくても、このチャンスを逃すべきではありません」

「もし今すぐ住む予定が無いなら、それはむしろ好都合です」

「新築物件として賃貸に出せば、最初の10年間は高い賃料で貸せますから、
 最初の10年間は、高い賃料で賃貸に出して、賃料収入を得るといい」

「10年経って、必要になってから、このマンションに自分で住めばいい」

「今は定期借家契約と言って、賃貸に出したとしても、
 予め入居者に退去してもらう時期を決めておくことが出来るんです」

「賃貸に出せば、他人の払う賃料で、一生モノの不動産が手に入るんです」

「・・わかりました。本当は手付金として300万円ほど必要なのですが、
 特別にお願いして、50万円で済むように交渉してみましょう」

などと、長時間の勧誘が続いてしまった。



途中、食事を取る時間も無いまま、営業所での勧誘は深夜にまで及んだ。

そのうち、

「いまから重要な事項を説明します」

「担当が変わりますから、説明をきちんと聞いて下さい。
 説明を聞き終わったら、「説明を受けました」という欄にサインして下さい」

などと言われ、免許証のようなものを見せられながら、説明が始まった。

書類にサインしないと、とても帰れる状況ではなかったため、
仕方なく書類にサインした。

そのまま、説明書以外にもいくつかの書類にサインを求められ、
ようやくこの日の話しは終わった。

既に夜遅い時間だったため、担当者に自宅まで車で送ってもらった。



数日後、担当者から住宅ローンの仮審査に通ったとの連絡があった。

「ローンが通らなければ断れるかもしれない」と期待していたものの、
ますます契約を断り辛い状況に陥ってしまった。

「やはり契約をキャンセルしたい」と担当者に申し出たものの、
その日のうちに担当者が自宅にやってきて、再び説得をされてしまった。

クーリングオフを申し出たものの、

「営業所で申込みをしているので、クーリングオフはできない」

「もう物件も押さえてあるし、ローン会社にも話しを通してあるので、
 どうしてもということであれば、違約金を払ってもらうことになる」

「違約金は3000万円の20%ですから、
 600万円の違約金を今すぐ現金で払ってもらうことになる」

などと言われてしまい、解約を認めてもらえなかった。



その後も何度も担当者が自宅を訪れ、
求められるまま、源泉徴収票や印鑑カード、委任状を渡してしまった。

ローンの面接の日程なども決められ、ますます話が進んでしまった。

いまからでも契約を断りたいが、話しがかなり進んでしまい、
損害賠償や違約金を請求されそうで不安。
どのように対処すればよいのか。



←【居住用マンションの訪問販売 その1に戻る】



なお、類似の 【投資マンションの電話セールス】 についてはこちらをご参照下さい。

マンションの訪問販売 その1 マンションの訪問販売 その2 投資マンションの電話セールス