クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る
補正下着(マルチ・ネットワークビジネス)とクーリングオフ

・キャッチセールスで補正下着等を契約した場合はここから
・訪問販売で補正下着等を契約した場合はここから
・エステサロンで補正下着等を契約した場合はここから

■ よくある勧誘事例(マルチ商法「連鎖販売取引」の事例)


まず、知人・友人や会社の同僚・先輩などから、以下のように販売目的を告げられず
誘われて、サロンなどの営業所に連れて行かれます。

■「リンパマッサージの体験。」
■「下着のプレゼントがある。」
■「体質改善の話とか教えてくれたり為になる。」
■「エステの無料体験ができるんだけど、やってみない?」


↓そこで、


エステやマッサージ体験のあと、体質改善の話になり、ボディチェックを受けると、
■「あなたの体重・体脂肪率は尋常ではない、このままでは危ない。」
「この下着をつけてさえいればサイズが変わり、プロポーションがよくなる。」
「普通の矯正下着は数ヶ月で使えなくなるけど、これはお直しして一生使る。」
■「今キレイにならなかったらいつきれいになるの?」「月々たったの1万だよ。」
などと、商品の購入を勧められ、断りきれず契約。

その際、学生だとローンが組めないから、バイト先に電話がかかってくるから、
そこに勤めているようなふうに話をして、学生だと言わないようにと、念を押された。



↓後日、印鑑を持ってサロンに出向いたところ、


■このサロンのモットーは「いいものは必ず口コミで伝わる」
 「いきなりキャッチセールスなどで知らない人にサロンにつれてこられても
 疑うと思うし、構えてしまうでしょう?」
 そこで、「私も無料体験したら本当に痩せたよー」とか、友達を挟んで
 宣伝をすれば、変なエステではないんだなー」とか思いやすいでしょう?」
などと、友人を紹介するように、勧められ、不信に思い、

契約書面(冊子)の内容を確認したところ、

ポジション(ランク)によって購入金額がかわること、
また新規メンバーを紹介者した者には購入金額に応じて報酬が支払われること。
新規メンバーが商品を購入すると上位者に報酬が支払われること
などが記載されていた。
これらは、契約時には全く説明されなかった。


↓そこで、


 紹介者にメールでクーリングオフを申し出たところ、
「クーリングオフされると、自分が買い取らなければならなくなる。」
「それに、使用した下着はクーリングオフできない。」などと、言われた。

       クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
       マルチ商法下着のクーリグオフ手続き代行はここから


↓このような相談がしばしばです。

■ マルチ商法「連鎖販売取引」のクーリングオフについては、

↓尚、


マルチ商法「連鎖販売取引」のクーリングオフ期間は、法定書面受領日から
20日間ですが、「
10日間」とか、「21日間」と記載されているケースがあります。

法律より長いクーリングオフ期間を設ける事は、特約として有効ですが、

注意を要するのは、ビジネスが目的でなく、単なる商品のエンドユーザーとして、
商品を購入した場合には、20日間のクーリングオフ期間の適用がないことです。

尚、クーリングオフを行使する方法は、メールや電話などの「口頭」ではなく、
「書面」で行う事が、法律上明記されています。
*尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です


もっとも、上記事例のように、「使用したものはクーリングオフできない。」などと
消費者の法律の不知をいいことに、クーリングオフを妨げられることがあります

不実告知(ウソの説明)やクーリングオフ妨害行為があったとしても、
後日その事実を証明することは困難です。

また、クーリングオフ期間後は、中途解約制度がありますが、
商品が未使用の場合で、且つ、受領日から90日以内です。

通常は、商品を使用していると思われますので、クーリングオフ期間後は、
商品を解約する事は、非常に困難となります(解約できる保証はありません。)
    
    手遅れになる前に、法律の専門家に依頼されることをお奨めします。


     クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
     ネットワークビジネス 下着のクーリグオフ手続き代行はここから


       

悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度