クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る
補正下着(キャッチセールス)とクーリングオフ

・訪問販売で補正下着等を契約した場合はここから
・マルチ商法で補正下着等を契約した場合はここから
・エステサロンで補正下着等を契約した場合はここから


■ よくある勧誘事例(補正下着 キャッチセールスの事例)

 まず、以下のように、路上で呼び止め
販売(勧誘)する目的を告げずに(隠匿して)営業所へ連れて行きます。

*ターゲットは、20歳になったばかりの女性(未成年者の場合もある)が殆どです。

■「アンケートに答えてくれたら、無料でサイズ測定してあげる。」
 「キャッチとは違う。警察の許可を得ている。」

■「体のサイズを無料で測ってあげる。痩せる方法を教えてあげる。」
 「ちょっとの時間だからついて来て。」

■「アンケートに応えてくれれば、無料のエステ券をプレゼントする。」



↓そして、営業所に連れて行かれると、


体のサイズを採寸をすると、

■「お尻が大きいね。」「あなたは○○歳代の体型だ。」

■「このまま今の下着を使っていたら肉がたるむ」 

■「普通の下着を着けていたら体型が崩れる。」


 などと、ことさら体型や普通の下着の問題点を色々指摘し、不安感を煽ります。


↓そして、次に商品の購入を勧めてきます。


でも今なら間に合う方法がある。」といって、補正下着を試着させ、

■「これを着用すれば、理想の体型になれる。」

■「遊離脂肪は動かせるから、体型も変えられる。」

■「補正下着は脂肪を上に上げる。これを着けると1週間で効果が出る。」

■「バストアップ、ヒップアップもできてスタイルが良くなる。」

■「お尻のサイズは間違いなく小さくなる。」

■「洗濯すれば90%以上繊維が元に戻るから一生使える。修理も無料でやる
 「この先、普通の下着を買い続けることを考えれば安い。」

■「効果がなかったら私が払う。」
 「でもこんなこと言えるのは絶対効果がでるからだよ。」
 「振込みの開始は1ヶ月後だからもし結果がでなかったら私に言って。」

■「併せて当店の無料のエステを受ければ更に効果的。」

■「即日契約なら一生痩身が無料だが、その日のうちに決めないと、
  痩身が無料ではなく有料になる。」


などと、事実と異なる説明をし、

「これとこれが必要ね。」「これは一つでいいけどこれは二つ必要ね。」
などと、どんどん勝手に商品を決め、「全部で○○万円くらいになる。」


↓値段を聞いて、躊躇していると、


■「いっぺんに払うのは無理だよね。月々9,000円くらいなら払えるよね。」

■「みんなやってるよ。高校生でも、バイトして払ってるよ。」
 「月々1万円くらいなら払えるでしょ。」

などと、月々の支払が安易であることを強調し、支払総額の説明はしません。


↓そして、


 契約書を書かせた後、

無くしちゃう子が多いから極力開けないでね。」と、契約書類を封筒に入れ、
 
しかも、のりづけして渡し、明けないようにと、言います。


↓その後、


家に帰ってから、契約書を確認したところ、支払総額は、分割手数料の約○○万円が加算され、50万円を超得ているのに初めて気づき、翌日、担当者に、「やっぱり、無理。」とメールしたところ、

「相談に乗るから。」と言って再度呼び出され出向いたところ、再度説得された

       クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

       キャッチセールス 下着のクーリグオフ手続き代行はここから


↓このような相談がよくあります。

■ キャッチセールスのクーリングオフ



ところで、販売目的を告げずに、公衆の出入しない場所に連れて行き、勧誘する「キャッチセールス」は、現在法律で禁止されています。しかし、実際にはなかなか無くならないのが原状です。隙あらばと、20歳そこそこの若い女性を狙っています。

キャッチセールスは、「訪問販売」として、クーリングオフ制度の適用があります。

そして、法定書面(法定記載事項を記載した書面。契約書など)を受領した日から、
8日間(受領した日の翌日からではありません。)は、クーリングオフを行使できます。

しかし、クーリングオフを行使する方法は、メールや電話などの「口頭」ではなく、
「書面」で行う事が、法律上明記されています。

*尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
 アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です


もっとも、消費者よりも販売業者の方が法律を良く知っているのが通常です。
上記事例のように、悪質な業者は消費者の法律の不知をいいことに、
騙せる相手は、騙してしまおうとしてきます。

不実告知(ウソの説明)やクーリングオフ妨害行為があったとしても、後日その事実を証明することは困難です。クーリングオフ期間を過ぎてしまうと、解約する事は、非常に困難となります

    手遅れになる前に、法律の専門家に依頼されることをお奨めします。

       クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

       下着 キャッチセールスのクーリグオフ手続き代行はここから


悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度