悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る
クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
活水器・浄活水器・磁気活水器・磁器活水器
磁化処理機・磁力活水装置システム等
(リース商法・レンタル商法・点検商法)「訪問販売」のクーリングオフ


■ 活水器・浄活水器等  訪問販売 よくある勧誘事例
■ 活水器・浄活水器等  訪問販売のクーリングオフ
■ 特定商取引に関する法律「訪問販売」

■ 活水器・浄活水器等 よくある勧誘事例

まず、以下のように訪問してきます。
ターゲットは、一人暮らしの方や、マンションに新しく入居してきたばかり
被害にあったという相談が非常に多いですね

・「マンションの水道の管理に来ました。」

・「今、このマンションで水質調査を無料で行っています。」

・「給湯器の件で、入居の際の説明に不足があったので、
 今、皆さんのお宅をまわっています。」


・「水道局の依頼を受けて、給湯器の点検について指導に来た。」

・「現在、水に関する切り替え作業を行っており、10分程度で終わる。」

・「この地域で活水機の設置が可能になったので、説明をします。」

*販売員は、作業着を着ていたり、そのマンションの販売会社名を知っていることが多い。

↓そして、部屋に入れると、

「ここ最近、給湯器の掃除をしていなかったため、4・5年で給湯器が壊れるケースが多発
している。
」と言いながら、手際も良く、実際にやり方を説明しながら、

「給湯器の寿命を延ばすには、この掃除を毎月やらねばならない。」
「月に1度、必ず、フィルターの掃除をし、水がずっと中に入っているとヌメリがでますから、
月に1度は給湯器の中を乾燥させないといけません。」
と言いながら、

フィルターは実際に取り外して、洗い方まで指示され、
「とにかく面倒くさい。」「でもこれをやらないと壊れる。」「給湯器の乾燥は、半日作業。」
などと、面倒で、手間と時間がかかることを強調する。

次に、配水管を点検すると言い、配水管のあるドアを開けて中を見ると、
「オーナーになると給湯・給水管の洗浄が3年に1回必ず必要になります。」
「それは大体、1回15万円前後します。3年に1回必ずです。
「今までは大家さんがやってくれてたから知りませんでしたよね?」
費用がかかることを強調する。

           ↓そこで、商品を勧めてきます。

「しかし、この活水器を、占有部分の配管の元につければ、水をイオン水にしてくれるので
、給湯器の掃除は不要。また、配水管の汚れもなくなる。」

「しかも、パイプ・蛇口に挟み込むだけででフィルター交換はいりません。
浄水器のように維持費もかららず、半永久使用可能です。
先ほどの面倒な月に1度の掃除も、この洗浄も必要ないんです。」と、
などと、手間も時間も維持費かからないことを強調する。

また、「浸透性に優れ、手・肌がしっとりする。」
「キッチンのヌメリもなくなり、水垢もつかず、掃除が楽になる。」
「まろやかな口あたりで、お茶や料理もおいしくなる。」
「汚れ落ちもよく、泡切れがよいので、節水にもなる。」

「今日、ちょうどにこのマンションに一斉取付けに来ているので、
今だったら手数料が一切かからずに済む。」
「営業じゃなく工事の人間なので、割安なプランをお勧めできる。」
「これさえつければ、後はなーんにもしなくていいんですよ!」
と費用が格安であることを強調。


・「1日、約百数十円だけで半永久的に使用することができる。」
・「1日、約百数十円だからみなさん契約している。」などと、
 割安感と、お手軽感を強調し、レンタルを勧めることもあります。

・「実は、今回契約した人には、販売もしている。」
・「ずっとレンタルするなら、買い取ったほうがこれだけお得。」
・「うちには儲けがあまりないけどね。」などと、買取を勧める。

*目的は、当初から販売目的です。
*ただ、中には5年間のレンタル契約(中途解約不可)を、
 口座自動引落で契約させる場合もあります。(実質上は、買取価格)


↓その後、電話でクーリングオフを申し出たところ、

以下のように、クーリングオフを妨害された、という相談がしばしばあります。

・「特別枠で契約したので、クーリングオフは困る。」

・「こっちも生活がかかっている。」

・「一度取り付けてクーリングオフをすると、その負担金が私たちにかかってくる。」


         クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

         活水器のクーリグオフ手続き代行はここから



■ 活水器・浄活水器等 訪問販売のクーリングオフ

↓ところで、

これら、活水器等の契約は、「営業所等以外の場所」における契約ですから、
「訪問販売」
として、クーリングオフ制度の適用対象となります。

↓この点、

電話でアポイントをとってから訪問してくることもありますが、
この場合も、約者から見積りを依頼したものではなく、
契約する意思を持って来訪を要請したものではありませんから、「訪問販売」となります。


また、そもそも「アンケートの協力してくれたので、水をプレゼントします。」などと、
販売目的を告げずに訪問してくることが通常です。


↓そして、

 訪問販売は、法定書面(法的記載事項を記載した書面。契約書など)を、
受け取った日から、受け取った日を入れて、8日間以内に、
「書面により」クーリング・オフを行使することができます。

↓即ち

クーリンオフを行使できる期間は、
法定書面を受け取った日が、既に1日目です、翌日からではありません。

↓また、

クーリングオフの行使方法は口頭ではなく、「書面」によります。

      *尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
       アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です



↓もっとも、

前記事例のように、「一度取り付けたものはクーリングオフできない。」などと、
クーリングオフを妨害してくることがありますが、浄水器・活水器等は、
指定消耗品ではありませんから、これは、クーリングオフ妨害となります。

 また、訪問販売の場合、一度契約をすると(クーリングオフしなかった場合)、
再度、勧誘に来ることがよく見受けられます。従って、最初の対応が肝心です。
今度だけはと、クーリングオフ断念してしまうことが、逆に裏目に出てしまうわけです。


 しかも、商品売買契約の場合、法律上の中途解約制度はありませんから、
クーリングオフ期間が過ぎしまえば、あとは販売店が解約に応じない限り、
実務上、クレジットは会社は解約してくれません。販売店が解約に応じない限り、
クレジット代金を払わなければ、最終的には訴訟となります。
クーリングオフ妨害行為があったとしても、その妨害行為があった事の立証責任は
消費者側に課されています。


         トラブルの前に専門家に依頼する事をお奨めします。
      クーリングオフ妨害・注意点にについては、下記ページをご参照下さい。

         クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

         浄活水器のクーリグオフ手続き代行はここから


悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度